スティーヴン・キングの小説、新たな映画化決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 スティーヴン・キングとピーター・ストラウブの二人の巨匠が作り上げたベストセラー小説「タリスマン」がドリームワークスによって映画化されることが決まった。物語は、病気の母親と二人で暮らしている12歳の少年ジャックが母親の命を救うために旅に出る壮大なファンタジーで、監督は本年度アカデミー賞3部門にノミネートされた『ハウス・オブ・サンド・アンド・フォグ』のヴァディム・パールマンがあたり、脚本は『ザ・リング』のアーレン・クルーガーが手掛け、『シービスケット』のフランク・マーシャルとキャスリーン・ケネディがプロデュースする。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]