フェリシティ・ハフマン、性倒錯の女性を演じる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『スパニッシュ・プリズナー』のフェリシティ・ハフマンが、インディペンデント映画『トランスアメリカ』(原題)で性倒錯の女性ブリーを演じることになった。これは、保守的な女性だったブリーが、自分を男として認識し、息子の父親として生きるようになる物語。息子役で『ドーン・オブ・ザ・デッド』のケヴィン・ゼガーズ、ホフマンの母親役として『アザーズ』のフィオヌラ・フラナガンが出演。撮影は、5月20日にニューヨークで開始される。[4月15日 ロサンゼルス]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]