ジェームズ・ギャンドルフィーニの新作、ロケ場所をめぐって訴訟

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」で知られるジェームズ・ギャンドルフィーニの新作映画『ロマンス・アンド・シガレッツ』(原題)のロケ場所をめぐって問題が起きている。撮影場所となったのは、ある男性の家の庭。この庭でギャンドルフィーニが煙草を吸うシーンが撮影されたことに憤慨した男性が訴訟を起こしたのだ。当初、この場所で撮影させて欲しいとスタッフは男性に250ドルを支払うことを伝えたが、男性がこれ拒否。しかし、スタッフは了解を得ないまま撮影を開始してしまったらしい。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]