クウェンティン・タランティーノ、映画史上最も残酷な映画を計画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 その暴力性に否定的な意見も多かった『キル・ビル』のクウェンティン・タランティーノ監督が、映画界を刺激する発言をした。映画史上最も暴力的で残酷な作品を作り、映画における暴力の限界に挑みたいというのだ。「いつの日か、最も残酷で血みどろの映画を作りたい。暴力は楽しいもんだぜ」と言っている。“その日”はまだ先らしいが、ハリウッドは既に不安を抱いているようだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]