ブルック・シールズ、体外受精を語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 体外受精により娘をもうけたブルック・シールズが、2004年国際バイオテクノロジー産業会議に出席し、自らの出産について語った。シールズは、テレビプロデューサーの夫、クリス・ヘンチー氏との間で体外受精を行い、長女を出産。同じ療法で第二子の出産も望んでいるそう。この会議で、シールズは自らの体外受精の体験を語るとともに、バイオテクノロジーに反対し会議を批判する人々について「バイオ技術がいかに人の役にたつか、理解していないのでは?」とコメントした。[6月10日 サンフランシスコ]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]