ジュード・ロウ、社会派ドラマへ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ジュード・ロウが、コロンビア・ピクチャーズの『オール・ザ・キングスメン』(原題)へ出演することが決まった。これは、ロバート・ペン・ウォレンのピュリッツァー賞受賞小説「すべて王の臣」の二度目の映画化作品で、地方政治の腐敗を描く社会派ドラマとなる。ロウは1949年のオリジナル版でジョン・アイアランドが扮した新聞記者ジャック役を演じ、政界浄化を狙って出馬するウィリー役にはショーン・ペンが候補に挙がっている。監督と脚本は『シンドラーのリスト』のスティーヴン・ザイリアンがあたる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]