アーヴィン・S・イーワースJr.監督、事故死

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 宇宙からのゼリー状の生命体と人間の死闘を描いたカルト映画『マックイーンの絶対の危機』の監督、アーヴィン・S・イーワースJr.が中近東で亡くなった。78歳だった。イーワースはヨルダンを車で旅行中に事故を起こしたらしく、居眠り運転ではないかと推測されている。1958年に公開された『マックイーンの絶対の危機』(原題:『ザ・ブロブ』)のほとんどは、監督のペンシルバニアの裏庭で撮影され、実験的に製作された映画だった。本人はあまり気に入っていなかったらしいが、今でも毎年“ブロブフェスティバル”が開催されるほどの人気がある作品だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]