『第十七捕虜収容所』のウィリアム・ピアスン、死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『第十七捕虜収容所』でマルコを演じたウィリアム・ピアスンが呼吸器系の病気のため亡くなった。78歳だった。この映画は、第二次世界大戦中のドイツにある捕虜収容所を描いたダークコメディで、ピアスンはブロードウェイで上演された同名作品でマルコを演じ、その後、映画にも抜擢された。テレビ番組では「スリー・イズ・カンパニー」(原題)、「オール・イン・ザ・ファミリー」(原題)など、人気番組でセミ・レギュラー的な役を数多く演じていた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]