「ザ・ソプラノズ」、サラ・ジェシカ・パーカー、悲願のエミー賞獲得

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サラ・ジェシカ・パーカー

 第56回エミー賞が発表され、「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」が5度目にして悲願の最優秀ドラマ・シリーズのエミー賞を獲得した。ケーブル局のオリジナルドラマがドラマ部門で受賞するのは史上初。最優秀コメディ・シリーズには「アレステッド・ディベロップメント」(原題)が選ばれた他、最優秀ミニ・シリーズは「エンジェルス・イン・アメリカ」(原題)が受賞した。その他の主な受賞者は以下のとおり。最優秀主演女優(コメディ):サラ・ジェシカ・パーカー(セックス・アンド・ザ・シティ)、最優秀主演男優(コメディ):ケルシー・グラマー(そりゃないぜ!?フレイジャー)、最優秀主演女優(ドラマ):アリスン・ジャニー(ザ・ホワイトハウス)、最優秀主演男優(ドラマ):ジェームズ・スペイダー(ザ・プラクティス)[ロサンゼルス 9月19日]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]