「CSI:ニューヨーク」の放送に割り込んだプロデューサーがクビ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 人気番組「CSI:ニューヨーク」の放送中、番組最後の10分間にアラファト・パレスチナ自治政府議長の死去を速報として放送したニュース・プロデューサーがクビになった。アラファト議長は1週間ほど危篤状態だったため、ゴールデンの時間帯に死去した場合には画面下にテロップで速報を流すことになっていたが、このプロデューサーは看板番組のクライマックスに割り込み、ニュースに切り替えてしまった。テレビ局はファンからの苦情処理に大変だったようだ。テレビ局は、プロデューサーの行き過ぎた行動について謝罪し、クビにしたことを発表した。また、このエピソードは翌週に再放送されることになった。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]