メリル・ストリープ、リメイク作を降板

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
メリル・ストリープ

 政治家の成功と失脚を描いた1949年のドラマ『オール・ザ・キングスメン』のリメイク版で、出演予定だったメリル・ストリープが降板することになった。ストリープはメイン・キャラクターの秘書で愛人という役を演じることになっていた。主演はショーン・ペン、共演にはジュード・ロウケイト・ウィンスレットが名前を連ねている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]