アラン・リックマン、SFコメディへ声の出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
根は真面目な英国俳優のアラン・リックマン

 『ハリー・ポッター』シリーズのスネイプ先生ことアラン・リックマンが、タッチストーン・ピクチャーズの『ヒッチハイカーズ・ガイド・トゥ・ザ・ギャラクシー』(原題)へ声の出演をすることが明らかになった。これは1970年代に大ヒットしたダグラス・アダムズによるラジオドラマのノベライゼーション「銀河ヒッチハイク・ガイド」の映画化で、地球が銀河バイパス建設のために消滅してしまったために人間アーサーと地球に住みついていた異星人の2人が宇宙をヒッチハイクするというSFコメディだ。『ラブ・アクチュアリー』のマーティン・フリーマンがアーサー役を演じ、リックマンは偏執症のアンドロイドのマービン役で声の出演を果たす。サム・ロックウェルとジョン・マルコビッチ、ヒップホップ歌手のモス・デフ、『あの頃ペニー・レインと』のズーイー・デシャネルも共演し、監督はガース・ジェニングスがあたり、脚本は原作者のアダムズと『チキンラン』のケイリー・カークパトリックが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]