ショーン・ウィリアム・スコット、出演作続々決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
若手有望株のショーン・ウィリアム・スコット

 『アメリカン・パイ』シリーズのショーン・ウィリアム・スコットがニューライン・シネマの2つの新作映画への出演を決めた。1作目は『ザ・オプティミスト』(原題)で、不幸という感覚をまったく知らずに生きてきた楽観的な主人公が皮肉屋のレポーターを好きになったことから全く物の見方が変わってしまうコメディで、スコットは出演の他にプロデュースも手掛ける。2作目はすでにビリー・ボブ・ソーントンの出演が決まっている『ミスター・ウッドコック』(原題)で、母親が高校時代の体育の先生と結婚するのを阻止しようと主人公が奮闘する様をコミカルに描くコメディだ。スコットが主人公に扮し、ソーントンは主人公やそのクラスメイトたちに地獄の日々を味あわせた体育の先生役を演じる。監督はクレイグ・ガレスピーがあたり、脚本はマイケル・カーンズとジョシュ・ギルバートが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]