キャサリン・ゼタ=ジョーンズとティム・ロビンス、ハーバード演劇部の名誉を受賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ハーバード大学の演劇部が主催するヘイスティ・プディング賞で、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが本年の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に、ティム・ロビンスが「マン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。ヘイスティ・プディング演劇部はアメリカで最も古い学生劇団で、この賞は、エンターテイメントの世界に大きな貢献をした人物に与えられる。ゼタ=ジョーンズは、2月10日にハーバード・スクエアで行われる学生たちの仮装パレードを先導し、その後、Q&Aセッションが開かれる。ロビンスは、劇団の舞台初日である2月17日に賞を受け取る予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]