ジャン=クロード・ブリソー監督、セクハラで訴えられる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 フランスの鬼才、ジャン=クロード・ブリソー監督が、3人の女優からセクシャル・ハラスメントを訴えられた。ブリソー監督は、性を題材にした2002年の映画『ひめごと』のオーディション中、女優に自慰行為をするよう強いた。調査報告によると、オーディションは数年に渡り行われ、ブリソー監督自身、女優たちの前で自慰行為をした、とのこと。これに対しブリソー監督は、オーディションは正当なもの、と主張。「これは私の仕事の一部であり、私の映画にとって非常に重要な要素だ。映画の中でヒッチコックが恐怖を利用したように、私も性を利用している」と反論。「エロティックなオーディションは必要不可欠だ。女優たちは映画の題材を理解し、自由意志でオーディションに参加している」と語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]