ビリー・ボブ・ソーントン、リメイク映画へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ダンディな50才のビリー・ボブ・ソーントン - Vera Anderson/WireImage.com/MediaVast Japan

 ビリー・ボブ・ソーントンが、『スクール・フォー・スカウンダレルズ』(原題)へ出演することが決まった。同作は、1960年の同名イギリス映画をリメイクするもので、運に見放された主人公が好きな女の子の気持ちを掴むために信頼構築を実現するための教室へ入学するが、そこの教授と彼女を取り合う羽目になるというコメディだ。『バス男』というタイトルで日本でビデオリリースされる『ナポレオン・ダイナマイト』(原題)で注目を浴びている若手俳優ジョン・へダーが主人公に扮し、ソーントンが教授役を演じる。監督は『スタスキー&ハッチ』のトッド・フィリップスがあたり、撮影は10月からロサンゼルスとニューヨークで行われる予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]