アカデミー外国語映画賞、インドと中国が出品作品決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『PROMISE 無極』の主演俳優の1人である真田広之

 来年3月に開催されるアカデミー賞の外国語映画部門で、インドと中国がその代表作品を決定した。インドから出品されるのは、人間の女性と恋に落ちるゴーストの物語『パヘリ』(原題)で、15本の候補の中から映画協会の審査員が選択した。中国の作品はチェン・カイコー監督のファンタジー叙事詩、『PROMISE 無極』が選ばれた。アカデミー外国語映画賞には、今年度は世界91カ国が作品を出品する。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]