グウィネス・パルトロウ、父親の死が演技を変えた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画と同じく父の死を乗り越えたグウィネス・パルトロウ - (C) MEL YATES

 グウィネス・パルトロウが、新作『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』での演技は、舞台版の自分の演技とはまったく異なるものだと語った。

パルトロウは同作品で、死んだ天才数学者である父の才能を受け継ぐ娘を演じている。舞台終了後、映画版が製作されるまでの間に、パルトロウの父ブルース・パルトロウが亡くなった。

「舞台で演じていた時には父は生きていたわ。父親の死というものは実際に体験するまで想像もつかないもの。だから映画でのわたしの演技も変わったの」とパルトロウは語った。

『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』は1月14日みゆき座ほかにて公開。
『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』公式サイトc.gyao.jp

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]