『スノー・ケーキ』上映で開幕

第56回ベルリン国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シガニー・ウィーバー - James Coldrey / WireImage.com / MediaVast Japan

 第56回ベルリン映画祭が始まり、マーク・エヴァンズ監督の『スノー・ケーキ』がオープニング作品として上映された。この作品は、主演のシガニー・ウィーバーが自閉症女性を演じるため、1年間役作りに没頭した作品。「役作りのために会った自閉症患者はそれぞれが個性的で、どうやってこの役を演じるかに長い時間を費やしたわ。でも、今までで最も興味深い1年だった」とウィーバーは語った。ベルリン映画祭の期間中、56カ国から360本の映画が上映される。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]