ロベルト・ベニーニ、夢でうなされたイラク戦争を映画化

第56回ベルリン国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いつでもハイテンションなロベルト・ベニーニ - Jean-Paul Aussenard / WireImage.com / MediaVast Japan

 ロベルト・ベニーニが、新作『ザ・タイガー・アンド・ザ・スノー』(原題)をベルリン映画祭で上映した。「我々は、常にイラク戦争という恐怖に付きまとわれている。もう何年も夢にでてきてうなされてきた。イラク戦争というのは非常に理解しがたい戦争だ」とベニーニはいう。『ライフ・イズ・ビューティフル』同様、この作品でも妻のニコレッタ・ブラスキと共演。「このようなテーマで作品を作るのは勇気がいるし、非常に危険な賭けだとわかっている。だからこそ、誇りに思う作品なんだ」と語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]