映画オタク度計る「映画検定」1級から4級の認定試験を全国で!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 映画雑誌の老舗「キネマ旬報」を発行するキネマ旬報社がおもしろい試みを始めた。英語検定ならぬ映画検定だ。

同検定は1級から4級までのレベル分けがあり、4級は90年代以降の作品を中心に、映画史では欠かすことのできない古典や、監督、俳優、簡単な映画用語を含む、基礎知識を問う映画ファン入門コース。

1級に至っては、映画史、映画用語、興行関連など映画周辺の知識についてもより深いレベルを要求される映画ファン達人コース。

[PR]

第1回の試験は4級から2級までで、1級は2回目以降、2級合格者のみ受験資格があるというから本格的だ。

主催のキネマ旬報社は「映画の楽しみ方は人それぞれ。この検定が、映画ファンがさらに映画を好きになるきっかけになればと」ノリは軽そうだが、全国規模(全国5都市)で試験場を設置したり、システムは大まじめ。

映画オタク度を公的に認定されれば、映画業界への就職が有利なのかどうかは定かではないが、話のネタの一つにはなりそうだ。

2006年の映画検定試験日(2級から4級)は、6月25日(日)。

申し込みは下記から
kinejunsoken.com

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]