ロシアの小学校占拠事件を、ハリウッドで映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ダ・ヴィンチ・コード』プロデューサーのブライアン・グレイザーと同作を監督したロン・ハワード。 - Eric Charbonneau / WireImage.com / MediaVast Japan

 2004年9月にロシアの北オセチア共和国ベスランで起きた小学校襲撃事件が、ハリウッドで映画となる。この事件は、チェチェン共和国のロシアからの独立を支持するゲリラによるもので、186人の子供を含む331人が犠牲となった。イマジン・エンターテイメント社とユニヴァーサル・スタジオは、この事件について書かれた雑誌記事のストーリーに関し権利を購入。プロデューサーは『ダ・ヴィンチ・コード』のブライアン・グレイザーで、このストーリーについて「大きなスクリーンで語られるべき物語」と語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]