ジョセフ・ファインズ、実在したパイロットにふんする

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョセフ・ファインズ - Jon Furniss / WireImage.com / MediaVast Japan

 『ヴェニスの商人』のジョセフ・ファインズが、新作映画『ザ・レッド・バロン』(原題)で実在したパイロットにふんすることが決まった。作品は、第一次世界大戦時に赤い男爵と呼ばれたエースパイロットのマンフレッド・フォン・リヒトホーフェンの活躍を描く物語で、『心の鼓動』のマティアス・シュヴァイクヘファーが主人公のフォン・リヒトホーフェンにふんし、ファインズは主人公を撃ち落とすカナダ人パイロットのロイ・ブラウン役を演じる。『ブラザーズ・グリム』のレナ・ヘディが主人公の恋人役で、『キング・アーサー』のティル・シュヴァイガーが主人公のパイロット仲間役で共演する。監督と脚本はニコライ・ミューラーショーンが手掛け、現在プラハで撮影中だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]