『ニュー・シネマ・パラダイス』のフィリップ・ノワレ、死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フィリップ・ノワレ - Tony Barson / WireImage.com / MediaVast Japan

 『ニュー・シネマ・パラダイス』で映写技師アルフレード役を演じたフィリップ・ノワレがガンのため亡くなった。76歳だった。ノワレは50年にわたるキャリアで『地下鉄のザジ』『イル・ポスティーノ』などを含む125本以上の映画に出演。1976年には『追想』、1990年には『素顔の貴婦人』で2度のセザール賞の主演男優賞を受賞しているほか、『ニュー・シネマ・パラダイス』ではヨーロッパ映画賞と英国アカデミー賞の主演男優賞を受賞している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]