リース・ウィザースプーン、ベストセラー小説を映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リース・ウィザースプーン - Jamie McCarthy / WireImage.com / MediaVast Japan

 『メラニーは行く!』のリース・ウィザースプーンアンディ・テナント監督が、ベストセラー小説の映画化作品で再びコンビを組むことが決まった。映画化されるのは、ジェニファー・コックスのノンフィクション小説「世界で探す、わたしの恋人 運命のひとに出会う大陸横断デートツアー」で、ウィザースプーンはプロデューサーとして作品にかかわる予定だ。同小説は、運命の恋人探しに出かけた主人公が世界17か国で繰り広げるロマンスを綴ったコミカルな物語だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]