パリス・ヒルトン、酒気帯び運転で無罪を主張

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
パリス・ヒルトン - John Sciulli / WireImage.com / MediaVast Japan

 昨年夏に酒気帯び運転の疑いで逮捕されたパリス・ヒルトンが、罪状認否で無罪を申し立てた。ヒルトンは昨年の9月7日に、フラフラと運転していたところを警察に止められ、逮捕。血中アルコール度数は、カリフォルニアの法定制限にギリギリひっかかる値だったという。ヒルトンは、弁護士を通して無罪を申し立て、次は1月23日に出廷しなければならない。有罪となれば、最高で6か月の禁固刑と1000ドルの罰金が課せられる可能性がある。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]