パリス・ヒルトン、プライベートな品々を掲載したホームページを告訴

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「いけない子ね」。 - John Sciulli / WireImage.com / MediaVast Japan

 パリス・ヒルトンが、ヒルトンのプライベート写真、ビデオ、日記などを掲載しているホームページを閉鎖させるため訴訟を起こした。このホームページには、オークションで買い取られたヒルトンのプライベートな品々が掲載されており、39.97ドルを支払うと、特別にヒルトンのパスポートや医療カルテ、その他の法的な書類もアクセスすることができる。これらは、引越しの際にヒルトンがトランクルームに預けていた物で、保管費用の支払いを怠ったため売りに出されたという。2775ドルでヒルトンの私物を購入した人物は、これらをオークションにかけ、現在ホームページを運営しているバーディア・ペルサ氏が1000万ドル(約12億円)で買ったとされている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]