“ノッポさん”は意外とおしゃべりだった! 貴重な肉声披露!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ノッポさんも太鼓判「観てね」。

 18日“ノッポさん”こと高見のっぽさんが、現在公開中の人形アニメ『ピンチクリフ・グランプリ』のトークショーに登場した。ノッポさんという愛称どおり、身長181cmもあるという高見さんは、実際にみると本当に大柄で、スーツをすてきに着こなすとてもダンディーなおじさまだった。

 NHKで放送された人気子ども向け番組「なにしてあそぼう」「できるかな」で、一言もしゃべらずに見事な工作を披露するキャラクターで親しまれたのっぽさん。そんなのっぽさんがトークショーを開催するとあって、貴重な生声を聞きたいファンたちが会場に集まった。

 この映画の大ファンだというノッポさんは「1時間30分、ずっとニコニコしながら観ていました。作り手の思いや誠実さが心に響いてくる。特にジャズの演奏シーンは、人形の指がピアノのけん盤の上を走るのを初めて見たし、左右の指の動きが見事に再現されている。ベースも実際の音階の場所をちゃんと人形が触わっている、ドラムのスティックの動きも素晴らしい」と作り手の仕事ぶりを大絶賛。話し出すと止まらない勢いでじょう舌に語り、実はおしゃべりノッポさんだったことが明らかになった。

[PR]

 しかし、一か所だけ気になるシーンがあったよう。「でもねー、女の子がダンスを踊るシーンは、同じカットを2度3度、繰り返して使っていた。ほかのシーンは物すごく作り込んでいるのに、どうしてかなあ」と鋭いツッコミに観客もタジタジだった。

『ピンチクリフ・グランプリ』オフィシャルサイトpinchcliffe.com
ノッポさんオフィシャルサイトnopposan.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]