「ザ・ソプラノズ」はイメージが悪いと市長がロケを却下

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演のジェームズ・ガンドルフィーニ。 - Bobby Bank / WireImage.com / MediaVast Japan

 今シーズンで終わる「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」のロケをニュージャージーのある町長が個人的な意見を理由に却下した。番組側は、ブルームフィールドにあるアイスクリームショップでラストシーンを撮影するために許可を申請し、取得。しかし、同番組はイタリア系アメリカ人のイメージを悪くするドラマだと主張する町長が町議会で多数決を取り、この許可を取り上げてしまったのだ。だが、町の弁護士によると許可証の発行は町政記録係が決定するものであり、町長でも口出しはできないとのこと。この町政記録係はドラマの内容や自分の好き嫌いとは関係なく“ドラマのロケ”ということだけを考慮し、最終的に許可証を発行したらしい。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]