なぜ千秋が地元でブーイング? 3万人弱のファンに囲まれ大ピンチ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
千葉っ子です!

 24日、千葉ロッテマリーンズの開幕戦が、ホームグラウンドである千葉マリンスタジムで行なわれた。記念セレモニーでは、地域密着型の“ふるさと球団”を目指す千葉ロッテマリーンズらしく、地元の小学生が選手らに応援のメッセージを書いた旗が贈呈された。その旗とマリーンズのスローガンである「All Hands toThe Flag 結束、フラッグのために」と書かれたビッグフラッグをグランドに運んできたのは、現在絶賛公開中の『映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~』でドラミの声を担当している千秋だった。

 真っ赤なリボンを頭に乗せた“ドラミちゃんスタイル”で千秋が登場すると、3万人弱の野球ファンで埋め尽くされた会場からはなぜかブーイングが起こった。通常マリーンズの始球式や開幕セレモニーでは、千葉ロッテマリーンズのファンである人が登場するのが慣わしだ。しかし、千秋は某球団の熱心なファンであることを公言していたことから、ブーイングが起きてしまった。

 しかしそこは肝の座った千秋のこと「少々ブーイングが起きていますが……」とさらりと交わし、「わたし、千葉県出身なんです!」と同じ地元のよしみで応援に駆けつけたことをアピールし、仲間意識を刺激した。すると、地元を大切にする球団らしく、ブーイングは温かな拍手へと変わり、一気に一体感が高まった。

[PR]

 今回のように開幕戦で球団と映画とがコラボレーションしたのは初の試み。球団側によると、「キラキラ輝く君になれ!」という映画のテーマに共感したためだという。これからも、千葉ロッテマリーンズもドラえもんも、それぞれジャンルは違うが、子どもたちに夢と希望を与え続けてくれるだろう。

『映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~』は絶賛公開中。
『映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~』オフィシャルサイトdora-magic.com

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]