サルマ・ハエック、制作会社の社長に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サルマ・ハエック - Steve Granitz / WireImage.com / MediaVast Japan

 サルマ・ハエックが、米国のラテン系鑑賞者をターゲットにした映画制作会社の社長にリクルートされた。この会社はMGMを親会社とする会社「ベンタナスル」で、ラテンをテーマにした映画を毎年2~4本制作する。ハエックは、「すべての人に楽しんでもらえる映画を作りたいのと同時に、ラテン系の人々の誇りになれるといい」と豊富を語った。このプロダクションで制作されるのは基本的に英語映画だが、MGMはスペイン語での製作も計画しているよう。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]