アンドリュー・シュー、新作は家族の思い出の映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アンドリュー・シューと姉のエリザベス・シュー。 - Eric Charbonneau/WireImage.com / MediaVast Japan

 「メルローズ・プレイス」で知られる俳優、アンドリュー・シューが、新作映画『グレイシー』(原題)について、1988年に木から落下して亡くなった兄弟、ウィリアムを想って作ったと語った。この映画の主人公グレイシーは、兄が事故で亡くなった悲しみを克服するために、兄の代わりに高校の男子サッカー・チームに加わりプレイするというストーリー。ウィリアム・シューは実際に高校のサッカー部のスターだった。シューは、姉であるエリザベス・シューとともにこの映画を企画。シューは「ザ・タイムズ・オブ・トレントン」紙で「これは僕にとってとても個人的な映画だ。この映画に込められた思い出は、僕たち姉弟には神聖なものなんだよ」とコメントした。[5月29日 ニュージャージー]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]