ジョン・トラヴォルタ、空港オーナーを訴える

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ひこうきのれなくなるなんて、やだもん......。 - Steve Granitz/WireImage.com

 大型ジェット、ボーイング707を所有し自ら操縦する俳優、ジョン・トラヴォルタが、フロリダ州グレイストーン空港のオーナーを訴えた。トラヴォルタはフロリダ州オカラにある航空機所有者のための居住区「ジャンボルエア・アビエーション・エステート」に自宅を所有しており、ここにボーイング機を操縦して来る際は、居住区にあるグレイストーン空港を利用していた。しかし2006年、グレイストーン空港のオーナーであるギルモア夫妻が「滑走路の状態は大型機を着陸させるには危険」という報告を連邦航空局に出した。トラヴォルタはこれが「嘘の報告」であるとして訴え、以前通りに着陸許可が下りるよう求めている。ギルモア夫妻はトラヴォルタの空港使用が頻繁であることを上げ、滑走路の耐久性が十分でないと主張している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]