ローレン・ホリーとルイス・ゴセット・Jr、人種問題を題材にしたインディー映画へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ローレン・ホリー - Jason LaVeris / filmmagic.com

 映画『Uボート 最後の決断』のローレン・ホリーと映画『愛と青春の旅だち』のルイス・ゴセット・Jrが、インディー映画『ザ・リースト・アマング・ユー』(原題)へ出演するとハリウッド・レポーター紙が伝えた。映画は、大学を卒業した後に実業界で成功を収めていた黒人男性のリチャードが、1965年8月にロサンゼルスで起きたワッツ暴動で不当に逮捕されたことで、人種差別的偏見に直面するストーリーだ。主人公のリチャード役には新人のセドリック・サンダースがふんし、ドラマ「24-TWENTY FOUR-」のウィリアム・ディヴェインも共演する。監督と脚本はマーク・ヤングが手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]