実写版映画「ストリートファイター」の春麗役が決定か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゲームのイメージに近い?-クリスティン・クルック - Lester Cohen / WireImage.com

 カプコンの大ヒット格闘ゲーム「ストリートファイター」が、20世紀フォックスによって再映画化される。その映画化作品で、春麗(チュン・リー)役をドラマ「ヤング・スーパーマン」のスーパーマンの初恋の人ラナ・ラング役で知られるクリスティン・クルックが演じるとインターネットサイトComingSoon.netが伝えた。映画は、人気女性キャラクターである春麗に焦点を当てた物語となり、タイトルは『ストリートファイター:レジェンド・オブ・チュン・リー』(原題)だ。監督は『DOOM ドゥーム』のアンジェイ・バートコウィアクがあたり、脚本はジャスティン・マークスが手掛ける。撮影は3月からタイで行われる予定だ。

 ゲーム「ストリートファイター」は、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演で1994年に映画化され、同作はラウル・ジュリアの遺作となった。また、同作にはミンナ・ウェンふんするチュン・リーという名前の女性が登場したが、原作のゲームとはかけ離れた設定のキャラクターだった。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]