実写映画版『ストリートファイター』2009年、全世界公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バイソン役のマイケル・クラーク・ダンカン

 大ヒット格闘ゲーム「ストリートファイター」の生誕20周年プロジェクトとして製作される実写映画版『ストリートファイター』(仮題)のキャストがカプコンから正式に発表された。映画の主人公である春麗(チュン・リー)役には、以前から報じられていたようにTVドラマ「ヤング・スーパーマン」のスーパーマンの初恋の人ラナ・ラング役で知られるクリスティン・クルックがふんする。プロボクサーのマイク・タイソンをモデルにしたバイソン役には映画『アイランド』のマイケル・クラーク・ダンカンが、アメリカ空軍中尉ナッシュ役には映画『アメリカン・ドリームズ』のクリス・クラインが、悪の組織シャドルーの総帥であるベガ役には映画『ヒッチャー』のニール・マクドノーが、悪の組織シャドルーの幹部バルログ役にはR&Bグループのブラック・アイド・ピーズメンバーであるタブーがふんする。監督は『DOOM ドゥーム』のアンジェイ・バートコウィアクがあたり、2009年に全世界公開される予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]