映画検定が韓国進出! 国家試験になる可能性も?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
世界規模の検定に?

 29日、韓国文化院でキネマ旬報社が主催する「映画検定」の記者発表が開催され、今年6月に韓国で検定試験が行われることが発表された。この韓国版「映画検定」は、キネマ旬報社協力のもと、全州(チョンジュ)情報映像振興院が主催する。

 「日本の映画検定を知って、先を越されたと思いました(笑)」と語るのは、全州情報映像振興院の金氏。韓国の映画ファンは10から20代の若者が大半だそうで、出題レベルは日本に比べて少し簡単になる予定なんだとか。しかし、韓国では3年間の施行実績があれば公認試験として申請することができるため、将来的には映画検定が国家試験として、その合格実績が、進学や就職に有利になる可能性もある。日本の映画検定よりも一歩進んだ合格特典は早くも韓国国内で大きな話題となっており、問い合わせも殺到しているそうだ。

 一方、本家である日本の映画検定も、最難関である1級合格者には、オフィシャルサイト内の映画評ブログに参加できたり、和歌山県で開催される「田辺・弁慶映画祭」の審査員になれたりと映画ファンなら見逃せない特典が用意されている。映画ファンなら、一度チャレンジしてみては?

第4回「映画検定」は5月18日開催
オフィシャルサイト kinejunsoken.com

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]