ミキティ、安藤美姫を癒してくれるのは男性?それとも…!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミキティもチェブラーシカがお気に入り!

 30日、渋谷シネマアンジェリカにて、ロシアの人形アニメ映画『チェブラーシカ』のトークショー付き試写会が開催され、キャラクターのファンだというフィギュアスケート選手の安藤美姫が登壇した。

映画『チェブラーシカ』

 グレーのニットワンピースにブーツを合わせ、かわらしいファッションで現れたミキティこと安藤は、スケートのときとは違ってリラックスした表情。観終わったばかりの本作について「人形を少しずつ動かして作っていく映画だから、ぎこちない動きがかえってかわいい。その中で、人を思いやる気持ちや、仲間を大切にすることが描かれていて、観た人の心に届く作品です」と絶賛した。さらに、現地で教わったというチェブラーシカの歌をロシア語で披露して拍手喝采(かっさい)を浴びた。

[PR]

 本人によると、以前試合でロシアに行った際、現地の人がリンクに投げてくれたぬいぐるみが、この映画のキャラクターであるチェブラーシカばかりだったそう。後に日本でいうキティちゃんのように、ロシアの国民的人気者だということがわかり、そのルックスの愛らしさから大のお気に入りに。今ではぬいぐるみやマグカップなど、部屋にファンからプレゼントされたグッズがたくさん並んでいるそうだ。

 「それまではスヌーピー好きだったけど、チェブラーシカを見て何かかわいい、癒される……って、思いました」と語るミキティ。ほかに癒してくれる男性の存在は? 聞かれると、「特にいないですね。今は本当に忙しくて、スケートに集中しないといけない」ときっぱり否定。来季の氷上での戦いへ向けて、ケガに気を付けて頑張っていきたいと表情を引き締めた。

 『チェブラーシカ』は、1969年から83年にかけて、ロシアで公開された全4話の短編をまとめた人形アニメ作品。南の国からやってきた不思議な生き物・チェブラーシカと仲間たちの日常を、詩情豊かに描く。

映画『チェブラーシカ』は7月19日より渋谷シネマアンジェリカほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]