世界21か国で展開するセレブ情報満載マガジンが、この秋日本上陸

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
必見です!

 7日、駐日イギリス大使館・ニューホールにて、セレブリティーのライフスタイルを紹介するウェブサイト「OK!Japan」の記者発表会が行われた。サイトの仕掛け人である、1st Avenueの代表取締役マンジョット・ベディ、同取締役の安岡憲一のほか、デジタルメディア部門担当のジェイ・ギッセンが登壇し、同サイトについて詳しく説明した。

 「OK!」はセレブリティーのライフスタイルを紹介する情報誌。1993年にイギリスで創刊されて以来、世界21か国で展開されている。2008年4月時点での発行部数は1億2千万部、総売上高374億円となっている人気雑誌だ。ハリウッドスターをはじめとする世界中のセレブリティーたちのファッションやコスメはもちろんのこと普段着の着こなし、食生活、インテリアなど、ライフスタイル全般を詳細に紹介。またほかのゴシップ誌と異なり、本人の口から出た言葉のみを事実として掲載するというポリシーを持つため、セレブ自身からの信頼も厚いという。

 そんな「OK!」を世界で22番目に展開することとなった日本では、紙媒体ではなくウェブで発信するという初の試みを行う。サイトが本格的に稼働する秋からは世界のネットワークを生かし、新鮮な情報を随時掲載していく。そのほか個々のユーザーが気軽に意見を書き込んだり、求める情報を厳選して閲覧できるようなシステムにする予定とのこと。セレブリティーの生き方をお手本にしたい人々には必見のサイトとなりそうだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]