衝撃作『蛇にピアス』が完成!19歳の吉高由里子に小栗、唐沢、藤原竜也も出演する豪華さ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
19歳の吉高由里子はルイを体当たりで演じた

 自らの舌にピアスを開け、背中に入れ墨を彫り肉体改造におぼれていくヒロインの愛と絶望の日々描く衝撃作、映画『蛇にピアス』が映画化され、監督の蜷川幸雄をはじめ、主演の吉高由里子高良健吾ARATA、そして本作で芥川賞を受賞したときは弱冠二十歳だった原作者の金原ひとみが登壇した。

映画『蛇にピアス』

 蜷川監督は72歳、そして原作者の金原は24歳という、通常であればジェネレーションギャップが生じて話が先に進みそうにもないが、蜷川監督は「72歳のジジイと若い作家のコラボです(笑)。でも、おれは自分のこと若いと思ってるので、何の違和感もありませんでした」と自分と24歳の原作者の感性に差がなかったことを明かした。一方の金原も「映画化されるなら蜷川監督に撮っていただきたいと思っていました。映画化という経験は初めてで、自分の頭の中で描いていたことが映画になって、いろいろな人に届いていくということに感動しました。原作に忠実でありながら、新たに蜷川監督の鋭い視点が加わっていましたし、それは自分でも気付かなかった登場人物の一面であったりして、驚きましたね」と手放しで大絶賛していた。

[PR]

 また、オーディションでヒロイン、ルイの役をつかみとった吉高は、「蜷川監督に興味があって、オーディションに行きました」とやはり世界的な舞台演出家でもある蜷川監督が作る映画の魅力に引き寄せられたことを語り、「蜷川監督の瞳はキラキラしていて、吸い込まれそうで、見透かされそうで怖いです。でも、優しい方です」と蜷川監督自身の魅力についても語った。

 本作にはこのほかあびる優やソニン、そして特別出演として市川亀治郎、井手らっきょそして、小栗旬、唐沢寿明 藤原竜也ら大スターも名を連ねている。

映画『蛇にピアス』は9月、渋谷シネマGAGA! ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]