シネマトゥデイ

相川七瀬、6歳の息子が「仮面ライダー」大ファン!学校でお母さんが歌うと自慢

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
美しいイケメンに囲まれる相川七瀬

 7日、Zepp Tokyoにて映画『劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王』の公開記念音楽イベントが行われ、主題歌を歌うこの映画限定のユニット「Crimson-FANG」のボーカルを務める相川七瀬のほか出演者の瀬戸康史武田航平加藤慶祐柳沢なな高橋優熊井幸平小池里奈松田賢二小越勇輝滝川英治が本番前にマスコミ陣の前に登場した。

映画『劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王』写真ギャラリー

 開演数時間前から、会場の外では出演イケメンたち目当てと思われる多数の女子が集結し、早くも熱気が漂っていた。そんな中、本番前に相川七瀬が歌うリハーサル風景がマスコミ陣に公開され、次いでキャストたちが登場し、主演の瀬戸から相川へ花束贈呈が行われた。

[PR]

 テレビシリーズでエンディング曲を歌っている瀬戸は、相川のステージパフォーマンスについて「すごくかっこ良かった」と絶賛。後のライブに向けて「動きとか盗まなきゃ、って舞台そででずっと見ていました(笑)」と初々しく語った。この日が初対面だという二人だったが、相川から「顔がすごく小さくて、体がきゃしゃでびっくりした」と言われて照れ笑いを浮かべていた。

 一方、相川は6歳になる息子が同シリーズの大ファンだそう。今回の映画版で自身が主題歌を歌うことを学校で自慢しているとうれしそうに語っていた。記者から「お子さんが見ている番組で、(瀬戸のような)イケメンが出てくるというのはお母さんとしても楽しみなのでは?」と聞かれると「それはそうですよ。やっぱり美しいものはいいですよね(笑)」とあっさり答え、正直な反応に記者たちから笑いが起こっていた。

 『劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王』は、テレビシリーズ「仮面ライダーキバ」の劇場版。今作では親子のきずなをテーマに、主人公・キバの戦いが繰り広げられる。

映画『劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王』は8月9日より新宿バルト9ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]