木下優樹菜の好みのタイプは、ハムスター系な矢沢永吉?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
木下優樹菜と深町彩里さん

 28日、都内で映画『ティンカー・ベル』の声優発表会が行われ、オーディションで17,358人の中からティンカー・ベル役を射止めた声優初挑戦の深町彩里さんと、本作の応援隊長を務めるタレントの木下優樹菜が出席した。

映画『ティンカー・ベル』

 ティンカー・ベルのコスプレ姿ですらりと伸びた美脚を披露した木下は、あまりに衣装がかわいいからか、普段のヤンキー・キャラを封印し「妖精になった気分。自分もティンカー・ベルに近づけた」と意外に優等生なコメントが飛び出した。今回、声優を務める深町さんと同じ1987年生まれだと知り「1987年コンビで(この映画を)盛り上げたい」と応援隊長としての抱負を語ったが、今後の声優チャレンジについては「声がしゃがれてるんで……」と消極的な木下だった。

[PR]

 会見が終わり、マスコミとの囲み取材に入ると先ほどまでの緊張も解けたのか、いつも通りのキャラを解禁。最近気になる男性について聞かれ「ガテン系はもうやめた。今はハムスター系が好き」と告白し、具体的には「矢沢永吉さん。いかついのにかわいらしくて、ヒマワリの種を食べていそう」と相変わらずの独創的なコメントで、集まったマスコミの期待に応えてくれた。

 『ティンカー・ベル』はディズニーの人気キャラクター、ティンカー・ベルの誕生秘話を明かしたオリジナル作品。妖精の王国で生まれたティンカー・ベルが、自分の役割を見つけ出す姿が描かれている。

映画『ティンカー・ベル』は12月23日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]