チュ・ジフンにファン2,000名が大絶叫!2万人の応募数という驚異の人気!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
甘いお菓子はおあずけです!

 30日、東京厚生年金会館にて映画『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』ジャパンプレミアが行われ、主演のチュ・ジフンとミン・ギュドン監督、そしてスペシャルゲストでパティシエの鎧塚俊彦が登壇した。

映画『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』

 原作は日本でもドラマやアニメ化され、通算170万部を売り上げている大人気コミック。しかも主演のジフンはいま韓国の若手俳優の中で人気ナンバーワンのイケメン俳優。この究極の組み合わせに、この日の舞台あいさつには2,000席のチケットに対し10倍の20,000件の応募が殺到。幸運を手にした観客たちは、スモークの中から現れたジフンに大絶叫! 取材陣のフラッシュも止むことがなくジフンは終始まぶしそうに目を細め「目がいたい……(笑)」と笑いながらも、2階奥まで目を向け手を振るなど心配りをみせた。

[PR]

 「僕1人しかいなくてすみません(笑)」と謙遜するジフンだが、会場からは本作で初めての映画主演を飾る彼に祝福の声援が起こった。「頭の先まで生クリームの海に溺れるシーンがあって、頑張ったのですがカットになってしまったんです」と切なそうに語り、ギュドン監督も苦笑い。重要な登場人物であるスイーツたちはなんと3,000ピースも用意されたそうで「照明などですぐに形が変わってしまってとても大変。ケーキ待ちの時間もあったぐらい。人よりも扱いが大変!」と裏話を披露した。

 続けて鎧塚の特製ケーキが登場し、うれしそうに口にしようとするも「君は劇中、トラウマでケーキが食べられない役なんだから食べちゃダメだよ」とギュドン監督に止められ、くやしそうな顔をするおちゃめなジフンに観客は大絶叫。「くたくたなときに、ガトーショコラを食べるといいですよ」と笑顔をみせるジフンと美しいスイーツの共演に、最後まで歓声が続いた。

 『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』は、それぞれ心に傷を抱える4人のパティシエたちが織りなすケーキ店での物語を描く。イケメンぞろいの俳優陣だけでなく、美しすぎる洋菓子の数々も心を潤してくれる作品だ。

映画『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』は4月18日より恵比寿ガーデンシネマ、シネカノン有楽町ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]