カンヌ映画祭開幕!新型インフルエンザの影響下で空席目立つ

第62回カンヌ国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新型インフルエンザの影響を受けつつも特にマスクをしている人は見あたらないカンヌ国際映画祭の会場 - Photo:Harumi Nakayama

 新型インフルエンザが世界中を震撼させている最中、「第62回カンヌ国際映画祭」が南フランスのカンヌで13日に開幕した。
 
 同映画祭は会期中、世界各国から約2万5,000人の映画関係者と記者が集まる世界最大規模の祭典だ。映画館という密閉された空間に不特定多数の人間が集まるだけに、新型インフルエンザの感染を最も注意すべきイベントであるが、映画祭側からの注意喚起はなし。また街でも、マスクをしているような人は一切見かけない。

 しかし、水面下では影響が出ているようだ。この時期、カンヌ市内の宿泊施設はいずれも満室になるが、世界同時不況の影響も重なって、今年は空室が数多くみられている。また、参加を予定していた日本の映画会社やマスコミの中には、感染を恐れて「渡航不可」の社命が下り、直前でカンヌ行きをキャンセルした人たちもいた。13日に行われたオープニング作品『カールじいさんの空飛ぶ家』とコンペィション部門審査員の記者会見も空席が目立ち、2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)騒動のときをほうふつとさせるような、ちょっと寂しい雰囲気が街に漂っている。(取材・文:中山治美)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]