ロバート・ロドリゲス監督の長編映画版『マチェーテ』へロバート・デ・ニーロが出演?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロバート・デ・ニーロ

 クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が、B級映画ばかりを2、3本立てで上映する映画館グラインドハウスを現代によみがえらせた競作映画『グラインドハウス』内でフェイク予告編として流れた『マチェーテ』。長編映画として製作される『マチェーテ』へアカデミー賞受賞経験のある演技派俳優が出演するかもしれない。

 映画サイトBloody Disgustingが伝えたところによると、長編映画版『マチェーテ』へロバート・デ・ニーロが出演するとのこと。デ・ニーロが演じる役柄はアメリカの上院議員のマクラフリ役だそうだ。ストーリーも明らかにされ、フェイク予告編でも登場した主人公マチェーテはアメリカの上院議員のマクラフリに裏切られたメキシコの元連邦政府役員で、日雇い労働者のふりをしながら武器を隠し持ち復讐(ふくしゅう)の機会を狙っているという展開だ。もともとロドリゲス監督は、メキシコ人版のジャン=クロード・ヴァン・ダムチャールズ・ブロンソンの映画を作りたいと考え『マチェーテ』を思いついたそうで、主人公マチェーテ役には予告編と同じダニー・トレホがふんする。ほかに、ミシェル・ロドリゲスジョナ・ヒルも出演することが明らかにされ、デ・ニーロが個性の強い監督と俳優たちの中でどのような演技をみせるのか注目が集まっている。本作は、ロドリゲス監督と監督の映画の編集を担当してきたイーサン・マニキスが共同監督を務め、7月29日から撮影が開始される予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]