キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ブロードウェイ・デビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
お・ま・た・せ。-キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

 キャサリン・ゼタ・ジョーンズが、舞台「リトル・ナイト・ミュージック」でブロードウェイ・デビューを果たすことになった。本作は、スウェーデンの巨匠監督、イングマール・ベルイマンの1955年の映画『夏の夜は三たび微笑む』にインスパイアされたもので、1973年に初演されて以来6度のトニー賞に輝いている。キャサリンは主演のデジレ・アームフェルト役で、バラード曲「センド・イン・ザ・クラウンズ」も披露する。マダム・アームフェルト役にはベテラン女優のアンジェラ・ランズベリーが決まっている。この公演はロンドンでトレバー・ナン監督とスティーヴン・ソンドハイム作曲のタッグで公演されて評判を得ており、キャサリンは「トレバー・ナンとスティーヴン・ソンドハイムからこの美しい舞台の話をいただいて、とても光栄に思います。素晴らしいチームとともにリハーサルを始めること、アンジェラと一緒に仕事ができることを楽しみにしています」と語っている。公演は12月13日からウォルター・カー劇場で開始される。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]