柳楽優弥、太ったのは役づくり…と自虐ネタ!日本初の実写3D映画『戦慄迷宮3D』ついに公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ふっくらというほどではないけど……大人っぽくなった柳楽優弥

 17日、日本映画初の実写デジタル3D映画『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』の初日舞台あいさつが新宿バルト9で行われ、柳楽優弥蓮佛美紗子勝地涼前田愛水野絵梨奈清水崇監督が登壇した。

映画『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』写真ギャラリー

 久々の映画出演となった柳楽は、以前よりふっくらした印象で、客席に向かい「僕だとわかりましたか? 少しふっくらしたのですが、それは役づくりと思っていただければ……」とあまり笑えない自虐ネタであいさつ。ホラー映画に出演したものの柳楽は恐怖に対して反応が薄く、悲鳴をあげるシーンでは苦労したそうで、何かにつけて「このシーンは悲鳴よりも震える演技にしたほうがいいのでは……」などと、監督にアプローチしたという。監督は「それでもラストシーンは過呼吸になるぐらいがんばって悲鳴を上げてくれた」と称賛した。

[PR]

 恐怖感の薄いという柳楽を除いて、出演者たちは「トイレに行くのも怖かった」と口々にコメントした。特に勝地は、恐怖のあまりに「怖いだろうから一緒についていってやるよ」と子役を出しに使ったことをすなおに告白。実際のお化け屋敷を借り切って撮影をしたために、なおさら恐怖が増したようだ。そんな出演者たちに監督は「僕は、みていて楽しかったよ」とひそかに楽しんで見ていたことを明かした。また、監督は「日本映画初の実写3D作品ということで、臨場感は大きいと思います。記憶の迷宮というところで捕らえて作ってみました」と映画をアピール。

 この日は、結婚間近の前田愛の独身最後の舞台あいさつということで、柳楽と蓮佛から前田に大きな花束がプレゼントされ、観客からも祝福の拍手が送られた。ほかにも大ヒットを祈願して白いダルマに目を入れる作業や観客と登壇者がそろって3Dメガネを“グラス・オン”する場面も披露し、盛りだくさんの舞台挨拶となった。

『戦慄迷宮3D~』は、富士急ハイランドに実在するお化け屋敷「戦慄迷宮」を原案に、ホラー映画界の奇才・清水崇監督がメガホンをとって映画化した新感覚の体感型スリラー映画。待ち受ける数々の恐怖が観るものを驚愕の渦に巻き込んでいく。すでに、全世界50カ国での世界配給が決定している。

映画『戦慄迷宮3D』は、10月17日(土)よりバルト9ほかにて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]