「ヤング・スーパーマン」のサム・ジョーンズ三世、薬物売買で逮捕

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
逮捕されたサム・ジョーンズ三世 - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 テレビドラマ「ヤング・スーパーマン」でクラーク・ケントの親友ピートを演じているサム・ジョーンズ三世が、薬物の売買取引にかかわっていた疑いで逮捕された。

 E!オンラインによると、サムは“田舎者のヘロイン”と呼ばれる処方せん鎮痛薬のオキシコドンの違法な取引に関わっていたらしく、1万錠以上を売った疑いがあるとのこと。裁判所の書類には、薬物所有の謀議、流通の意図があった罪で起訴され、ハリウッドの流通ルートに大きく関わっていたと当局は判断しているようだ。有罪になった場合、最高で懲役20年もあり得るという。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]