アカデミー賞候補になれるのか?『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

 いよいよ来年度の第82回アカデミー賞に向けて報道陣向けの取材パスの申請などが開始され、それと同時に業界内のアカデミー賞レースも静かに白熱しつつあり、ハリウッドがにわかに活気づいてきた。

映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』写真ギャラリー

 さて、偶然にも時を同じくしてハリウッドが熱くなっているのが6月に急逝してしまったマイケル・ジャクソンさんの最期のドキュメンタリー・フィルム『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』である。限定公開で火曜日から、そして週末までには全米公開が予定されているこの作品は、ファンはもちろんのこと映画評論家たちもこぞって誉めそやしており、インターネット映画前売りサイトのファンダンゴではすでに1,000上映分が売り切れというマレな売れ行きを見せている。

[PR]

 この事実に加えてアカデミー賞シーズンとくれば、当然のことながら、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』はアカデミー賞にノミネートされるのか……という疑問がわいてくる。実はこの作品のオスカー受賞への道のりは現在のところ茨の道だ。『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』は当然のことながらドキュメンタリー作品。よってオスカーでもドキュメンタリー部門としてノミネートされるのが妥当な線。ところが……迷路のように入り組んだアカデミーのドキュメンタリー部門応募規定によると、候補になるためには『そのドキュメンタリー作品がアカデミー賞の行われる前の年の8月31日前までにニューヨークかロサンゼルスで7日間劇場上映されていなければならない』という決まりがある。ご存知のように、マイケルの映画は今週封切られたばかりでアカデミーのノミネーション規定に該当しないのである。

 最悪、2011年に行われるオスカーを狙うという手もあるが、熱いうちに打たないと冷めてしまう鉄と同様、映画もある意味時期を逸すると冷めてしまう。よって、2009年にヒットした作品を2011年のオスカー戦線に参戦させるのではちょっと……という感じなのだ。

 唯一残された道は、栄えあるアカデミー作品賞ねらいである。だがこの路線も茨の道で、過去にアカデミー作品賞に出品して成功したドキュメンタリー作品は見当たらない。というよりも、『フープ・ドリーム』や『華氏911』の例を見てもわかるように、むしろ惨たんたる結果に終わっている。カンヌでパルムドールを受賞した『華氏911』ではあるが、アカデミーには見向きもされていない。

 今までの5作品から候補作品が10作品に増えることになっているアカデミー作品賞だが、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』のアカデミー賞レースでの動向に注目が集まる。

映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』は10月28日より丸の内ピカデリーほかにて全世界同時公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]