スティーヴン・タイラー、エアロスミスを脱退?ジョー・ペリーが「脱退した」と明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョー・ペリーとスティーヴン・タイラー - Kevin Kane / WireImage / Getty Images

 エアロスミスのスティーヴン・タイラーエアロスミスを脱退したと、同じバンドメンバーのジョー・ペリーがラスベガス・サン紙に語った。

 きっかけは、Classic Rock.comでスティーヴンが「ソロ活動を始める」と言ったのをジョー・ペリーが目にしたからだ。ジョーがスティーヴン本人から直接聞いたわけではない。こうなったのには、理由がある。

 スティーヴン・タイラーとジョー・ペリーの関係がおかしくなったのは、スティーヴンが舞台から転落してケガをしたときからだ。このケガによりエアロスミスは残りのツアーをすべてキャンセルせざるを得なくなってしまった。不慮の事故とはいえ、一部のうわさではスティーヴンがまたドラッグを始めたためにラリって転落したともいわれており、ジョーはこの後スティーヴンと口もきかないほど仲が悪くなってしまったらしい。ちなみにスティーヴンはドラッグの使用を否定している。ベースのトム・ハミルトンもボストン・ヘラルド紙に「バンド内に今、深刻なもめごとがあって今、話し合いをしている最中」ともらしていた。

[PR]

 口をきかないほど仲が悪くなってしまった二人の間で話し合いが行われようもなく、ジョーが知らないうちにスティーヴンがソロ活動を発表したとなれば、ジョーは「スティーヴンが脱退した」と言わずにいられないのだろう。ジョーはラスベガス・サン紙に「スティーヴン・タイラーはエアロスミスを辞めた」と語った。それは自分の知らないところで勝手にソロ活動を発表したスティーヴンへの怒りであったのかもしれない。

 先日フォーミュラワンが開催されたアブダビで5万人の観客を前に演奏したエアロスミス。ジョーの言葉どおりだとすると、これがスティーヴンのいるエアロスミスとしての最後のコンサートになってしまうのだろうか。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]